小判金

小判金

天保小判の価値価格の相場は?時代は?重さ大きさや金含有量は?特徴も紹介!

天保小判は、保字小判(ほうじこばん・ほじこばん)と呼ばれる小判で、江戸時代後期に鋳造された小判です。 古銭まにあ 品質が良い小判が多い事でも知られていますね! 天保小判の相場の価値価格の評価 20...
小判金

万延小判の価値価格の相場は?時代は?重さや大きさ・金含有量は?特徴も紹介!

万延小判は、江戸時代最後に鋳造された小判です。 スモールサイズの小判なので、知らない人はレプリカだと思い込んでしまっている人もいるようです。しかし、その価値は非常に高く100万円を超える価格で売買されている小判です。 古銭ま...
小判金

宝永小判の価値価格の相場は?時代は?重さ大きさ特徴なども紹介!

それ以前に通用していた「元禄小判」が金の純度を下げて大きさを保った小判であったことに対し、「宝永小判」は金の純度を「慶長小判」と同程度に保つ代わりに小型化することで流通量を確保しようとした小判です。 古銭まにあ ...
小判金

元文小判の価値価格の相場は?時代は?重さや大きさ・含有量は?特徴も紹介!

元文小判は所持している人も割合多い小判の1つです。 古銭まにあ 発行枚数は、約1700万枚といわれており、非常に多くの小判が流通したことが伺えます。 元文小判の相場の価値価格の評価 現在の価値は数...
小判金

文政小判の価値価格の相場は?時代は?重さや金含有量は?特徴も紹介!

文政小判は大量に鋳造されたことから希少価値もそこまで高くなく、それが買取価格にも影響を与えています。 江戸時代に流通した小判の中で最も金の含有量が低く、サイズも小さいことから小判の価値が下がり、たった9年で鋳造が終了した(文政2年から文政...
小判金

正徳小判の価値価格の相場は?時代は?重さ大きさや金含有量と特徴も紹介!

慶長小判に似ていると言われる正徳小判。 古銭まにあ 鋳造期間が短い事でも知られていますね。 正徳小判の相場の価値価格の評価 『吹塵禄』(勝海舟編の江戸時代の財政史料)によると、「正徳小判」...
小判金

慶長小判の価値価格の相場は?時代は?重さ大きさや金含有量は?特徴も紹介!

家康は「慶長小判」の鋳造で、金・銀・銅の3つからなる通貨の制度「三貨制度」を確立しました。これによって、日本で初めて全国共通の通貨制度を設けられたのです。 古銭まにあ つまり「慶長小判」は家康の天下統一を物語る、...
小判金

駿河墨書小判の相場の価値価格評価は?作られた時代は?素材重さや特徴も紹介

日本で最古の小判。 鋳造させた大名は徳川家康であるのか、豊臣秀吉の家臣中村一氏であるのか、まだはっきりとはわかっていない。 表面中央に「京目壱両」の文字と花押、右側に「駿河」の文字が墨書され、中央下部に斬りもんが打刻されている。 ...
小判金

元禄小判の価値価格の相場は?時代は?重さ大きさや金含有量は?特徴も紹介!

元禄小判は、江戸時代中期に作られた、一両の価値を持つ小判です。 元禄金とも呼ばれており、元禄年間に多く流通しました。 当時金の国内産出量が低下しており、輸入に頼り始めた時期でもあったこと、経済発展から全国的市場圏が形成されるようになり通貨...
タイトルとURLをコピーしました